地元密着業者の強み!川崎の賃貸物件(株)アドバンストホーム 

多くのアナリストやビジネスコンサルタント、そして金融関係者などが、将来発展する街(地域)として推奨している武蔵小杉の街。
この街は現在でも、住みたい街、住んで良かった街のランキング上位に入っています。

ここでは、その武蔵小杉に拠点を置いて賃貸事業を営んでいるところをご紹介したいと思います。

★★詳細はこちら!武蔵小杉の賃貸「株式会社アドバンストホーム」★★

川崎市に拠点を持つこの会社では、武蔵小杉をはじめとして武蔵溝の口や高津、そして新丸子など、地元の優良賃貸物件を案内しています。
地元密着型の信頼される賃貸業者を目指すこの会社は、賃貸住宅の仲介や物件の管理、不動産(土地)や建物の売買に関する仲介業務、そしてマンションのリフォームを手掛けています。

この会社のホームページには、普段なじみがなく勝手が解らない、賃貸契約や不動産売買などに関する「契約の流れ」が掲載されていますので、「これらの契約は初めて」と言う方にはとても参考になります。
また地元密着企業として、川崎市の子育てやスポーツ、文化などについて紹介しているのは嬉しい配慮だと思います。
同時に、武蔵小杉などの駅周辺情報についても写真入りで掲載していますので、これから当該地区に住もうとお考えの方は、具体的なイメージを持つことができます。

武蔵小杉や高津など、川崎での地賃貸物件をお探しの方は、ぜひ株式会社アドバンストホームに相談されることをお奨めします。

札幌遷都はどうでしょうか

先日のニュースで、アクサ生命が、災害で東京本社機能がフリーズした時のバックアップ拠点を北海道の札幌に新設することが決定したと報道されていました。

2014年11月に新設し、従業員を400人、札幌拠点に常駐するのだとか。
東京本社の1,600人体制に対して、札幌が400人体制になるそうです。

札幌の400人のうち300人は北海道の地元採用で100人は東京本社からの異動。

場所は、現在新築中のビルに賃貸オフィスを設けるとか。
札幌の中心部といっても東京都心と比べると、賃貸オフィス料は低くおさえられますから、いいかもしれません。

札幌は幸いなことに、台風が少ないことから本社機能を移転するには恰好の場所といえます。

新築ビルの強みは、災害時でも72時間の自家発電が可能ということ。
考えてみると、東京ばかりに各企業や公的な中心拠点が集まりすぎているような感じがしますから、これをきっかけに、札幌に拠点機能のバックアップ拠点を設置するというのは、必要なことかもしれませんね。

拠点の一部を東京以外のところに移転させると、東京拠点のスペースを削減してもいいかもしれません。
もう少しスペースを減少して、経費削減を考えるといいでしょう。

東京でオフィスを探すならhttp://www.officeiten.jp/area/が参考になります。